PG Queen America☆★☆




徒然なるままの50代女性がすなる日記といふもの。

アジアLOVE❤️

夫が出張に出る前に、近所のマレーシアレストランで腹ごしらえ。

腹が減っては何とやら。

お供いたしました。


Ipo Garden

ここのロティは今まで食べた中でもピカイチ!

今日はレッドカレーとミー・サイアム(直訳:タイ風麺、春雨のパッタイだった)。

本当のオススメは、ラクサ・ヌードル、所謂シンガポールのカレー麺でしょうか。

具沢山で濃厚なスープもたまりません❤️


満腹で余計に戦ができない状態でロンドンへと飛び立つ夫。

それを見送る妻。

見送りませんでしたけれど。


紅茶とクロテッドクリームのお土産をお願いするのは忘れませんでした。


世界各国の食に恵まれた場所におり、日々是感謝の毎日ですが、

唯一弱いのが韓国料理。残念!

サンノゼ方面まで行けば美味しいところがあるのにね。


シアトルシアトルと、毎回書いておりましたが、

実は住んでいたのはレイク・ワシントンを挟んで向かい側のベルビューという街でした。

あちらの方が韓国料理に関しては充実していたかも。


北の方のボーセルという街にある韓国スーパー、その名もHマート!の中にある食堂チックな店で食べたスンドゥブ。

南の方のレントンという街にある中国スーパー、その名はランチ99!の中にあるこれまた食堂チックな店で食べたスンドゥブ。

ベルビューでも、ブルージンジャーという焼肉屋さんで食べたスンドゥブ‼️(現在オーナーが変わって味が落ちた)

どれも美味❣️って、全部スンドゥブかい!


ちょっと前、韓国料理を求めてサンタクララまで行ってしまった。


ウチで盛り上がる話題、「好きな料理トップ3は?」

日本料理は当然過ぎてノーカンです。


私は、1位フレンチ、2位イタリアン、その次が保留。

なんじゃそれ。

寝て曜日(古い!)

家族勢揃いの日曜日。
普段はそれぞれの予定があってバラバラに過ごすことが多いのですが、
たまたま全員ノープラン。


私は本当はバレエのレッスンに行く予定でしたが、皆がいるのでFamily Dedication Dayに急遽変更。


お天気も、ザ・カリフォルニア!な、お日様ギラギラ、雲ひとつない晴天で、一日中テラスで過ごしました。


それも水着で!(大不評)



こちらではオバサンの水着、ノースリーブ、ショーパンはフツーです!
露出度マックスで徘徊してます。
息子たちも友達の家に遊びに行くと、よくママが庭で水着で日光浴しているところに遭遇します。
ビキニだったりする率が高く、周りも優しいのか慣れているのか、特に反応はナシ。
他人の批評はしない!
なんて居心地が良いのでしょう。
ますます増長してしまいそうです。


さすがに暑すぎて、テニスをしに行った夫と次男は、熱中症状態で素早く切り上げて逃げ帰ってきました。


そのままテラスで夕飯を、と思っていたけれど暑さに耐え切れず、屋内でのディナーとなりました。


準備中。今日はイタリアン。
シェフは長男。
メニューは、グリーンサラダ、カラマリフライ、トマトとパプリカのクリームスープ、スパゲティ・アラビアータ


歯医者志望だけあって、器用です。
ごちそうさま!












違います


カリフォルニアはお花の価格ががリーズナブル。

どこにでも売っていて、パッと買えます。


大人気スーパーのTrader Joe's、略してトレジョで買いました。

$5.99✌


以前住んでいたモントレーでは、流石農業地帯!ということで、

ファーマーズマーケットの充実度が抜群でした。

新鮮なフルーツ、野菜、卵、ナッツ、パン、お花、お菓子、民芸品、インドカレー、BBQ、、、書ききれません。

サリナスのイチゴ農場「La Milpa」のイチゴは世界一❣️

毎日どこかの街で一年中やってます。ハシゴしたものです。


シアトルで驚いたことは、

ファーマーズマーケットがそこらここらでやっていなくて、

規模も小さく、

しかも!4月から10月までしかやらないのです‼︎ 衝撃🙀


冬は雨続きで寒い気候のワシントン州。

そりゃそうなるわ。


ついでに、次男はテニスを小さい時から習っていましたが、

CAでは屋外コートが当たり前だったのに、

WAではインドアコートがデフォルト!

空気を入れて膨らませたものを被せて、冬はインドアコートに変身するシステムもありました。


アメリカ的目線で言うと、サンフランシスコとシアトルは同じ西海岸で近い距離なのに全く環境が違います。

英語も、使う単語などがちょっと違います。

使う単語で、「あなた、◯◯から来たわね!」などと言い当てたりしてますね。

アメリカは広い。広すぎる!


でも、カリフォルニアにすっぽり入ってしまう小さな日本は、

そのサイズにもかかわらず地域ごとに言葉や文化の違いが大きいです。

国の歴史や成り立ちによるのでしょうが、魅力的な国、ニッポン🇯🇵


https://darapic.net/wp-content/uploads/2017/07/DEgwXsQXkAA8zXy.jpg


次に日本へ帰ったら、ココ↑行きたいです。